山形県山形市周辺で、新築・注文住宅・リフォーム・増改築をお考えの方は有限会社 後藤住建 / ゆあホームにご相談ください!あなたの住まいの夢をかなえます!

フェイスブック 小冊子プレゼント 後藤住建ブログ フェイスブック ツイッター
瑕疵保証 住宅ローン減税&すまい給付金 ハウスドクター

家づくりのこだわり

トップページ > 

家づくりのこだわり

こんにちわ。後藤住建の後藤和雄です。
我が家づくりをはじめる前に考えることは、
「家族のしあわせってって何だろう?」
「家づくりって何だろう?」
「私達がどのような家を提案すればお客様はしあわせになってもらえるのだろうか?」

ということをずっと考えていました。
そして、自分の中での答えにたどり着くことできました。
お客様にとって「家」というのは大切な財産であり、心のよりどころではないのでしょうか?
私たちはお客様にとって「安心・安全で健康で家族が笑って暮らせる家」を提供することが
地元山形で皆様に支えられている後藤住建の使命ではないのかと考えています。
そしてお客様が一生に一度、人生をかけて手に入れるマイホームは必ず満足できるものでないといけません。
しかし、満足+高品質=高い価格では、今までの家と変わらないし、安いだけのローコストの家では価値のある財産とはなりません。

私達が描いている安全・安心で健康で家族が笑って暮らせる家とは、もちろん当然のことですが、
「家計を圧迫しない安心」
「家を買ったためにローンの支払いで目一杯にならない安心」
「夫婦や子供達が仲良く楽しく笑って暮らせる安心」
「末永くマイホームで暮らせる安心」
「災害について考えた安心」
「カビ・ダニやシックハウスを防ぐ安心」
これらがそろって「安心」と言えるのではと考えています。
「子育て世代」の20代30代の方々にも安心して家づくりをして頂ける様に、無駄な費用をかけずに高品質で満足のいく安心・安全で健康な住まいを後藤住建がお客様に提供いたします。

私達が一番に伝えたいこと
まず大切なものは「マイホーム」をつくるのは楽しくないといけない、ということです。
なぜ、楽しくないといけないのでしょうか?
それは、お客様がマイホームをつくる楽しみを知ってもらえると、結果として「満足できる家づくり」になるからです。

後から「追加です」と言われても
「それは入ってません。これも入ってません。別途です。オプションです。」
実際にこういったやりとりが行われています。
こういう事を工事がはじまってから言われても困りますね。

当たり前の事ですが、後藤住建ではご契約の時には着工後お客様からの変更・追加のお申し出がない限り一切追加の発生しない金額を提示させていただきます。
そうしなければ一体いくらかかるのかわからないので困りますね。
当たり前のことですが大切なことです。

素人が言っても大丈夫?
「ここはどう?」「なにこれ?」と思ったら何でも聞いて下さい。
「しつこい?」「こんなの聞いたら迷惑?」
そういう遠慮は家造りには不要ですし、失礼な言い方かもしれませんが、皆さんは家づくりの素人なのでわからないことがあって当然です。
気軽に聞いて下さい。

本当にやさしい家とは?
はだしで歩きたくなる、床に大の字で寝転びたくなる、家の中で深呼吸したくなる家。
「お父さん・お母さん」として子育てをしている方、小さい子供の視点に立ち、子供にとって本当に優しい家って何かをじっくり考えてみませんか?

現代は、シックハウスも他人事ではなくなりました。
身近にもアレルギーやアトピー・喘息の人がたくさんいます。
安心して生活できる「マイホーム」が出来るように後藤住建では素材にこだわっています。
柱は杉、土台は桧の4寸角(12cm角)の柱を使用しています。
内装材は「自然素材」を使い、ベニヤや「科学建材」などは出来るだけ使用しません。

お客様との信頼
思っていたのと違ってた。
打ち合わせしたことや変更箇所などのお願いしたことが現場に伝わっていなかった。
後から別の料金が発生した。
そんな話を聞いたことはありませんか?
一大決心してマイホームを建ててもこんな事があっては面白くないと思います。

後藤住建ではこんな事が起きないように、協力会社(お客様を含む家づくりに関わる全ての人)と打ち合わせや連携を密に家づくりを行っています。
不手際や問題が起きた場合はすぐに話し合いをし、解決策を考えます。

満足のいく家づくりをしてください。
その時に後藤住建をご指名いただければ大変うれしく思います。

代表取締役 後藤和雄

自然素材で装う

デザイン、合理性、経済性から新建材が戦後多用されてきました。しかし、人工化学物質で生成された新建材の中には有機物も含まれ、その家に住む人に害をもたらす可能性が出てきました。本来、憩いの場であるべき住まいが「病の発生源」となってしまったのです。

最近では子供はもちろん、大人でもシックハウスの影響からか、アレルギーを持つ人が増えています。
また、最近の住宅は高気密を重要視するあまり人の体にもそうですが、家自体の寿命を短くしています。クレームやアフターをしていて一番多い問題は、結露や湿気によるものです。私たちは元々の原因を高気密と考えています。オール電化住宅が新築住宅の半分以上を占める現在、熱を逃がさないように気密を高くするという考えは間違ってはいないと思いますが、結露が起きやすくなります。
「サッシはペアガラスだし、結露なんてあり得ないでしょう」と思われるかもしれませんが、結露が起きる原因としては、外気と内気の差があればあるほど起きやすくなります。しかも、ここからがくせ者で、目に見えるところは(それこそペアガラスなどの効果で)結露は起きにくいですが、目に見えないところにしわ寄せがきます。つまり、「壁の中・屋根裏・床下」などの見えないところにダメージがくるのです。「床なりがするから見に来て欲しい」と言われ床下に潜ると、床下一面水滴だらけで、ひどいとツララができている、なんてこともあります。これは大げさに言っているのではなく実際にあることなんです。これでは家は長持ちしません。新築して3年くらいでダメになったという話も聞いたことがあります。

そこで後藤住建では、住まいが本来の憩いの場に戻れるように「現わし工法」をお勧めしています。長持ちする住宅及び健康住宅にするには、家を呼吸させることが大切です。


・構造材を現わし、杉材・有機質塗装の場合→室内の汚れた空気の浄化作用が強い
・室内のオープン空間を広くし、家の中の空気の量を多くして空気の体積を大きくすると、
 空気は自然そのものの省エネ断熱材になる。
・自然素材、無垢材


桐→調湿工科  パイン無垢→保温効果

汚れた空気の分解作用・アレルギー、シックハウス対策に効果的

図

オープン間取り、現わし工法で、デッドスペースを最大限利用する。
室内の界壁(間仕切り)を少なくする。
界壁を少なくする理由は、コストダウンをしながら家の中の空気の流動性の良さで、少ない冷暖房で家中を自然体にする。汚れた空気の除去作業ができる(空気が淀むのが一番体にわるい住まいです)

木を現わすことで、和(やすらぎ)、和(なごみ)、森林浴効果があり、林、森にいるかのようにフィトンチッド浴効果を得られる。

フィトンチッドとは精神を安定させ、イビキを抑え、殺菌効果、ストレスや疲労回復効果があること。

※ここ数年、アトピーや喘息などのアレルギーの子供が多く、大人になってからアレルギーになる人も増えています。山形も都市化が進み、自然に触れる機会も減ってきています。後藤住建の自然素材と「現わし工法」の家づくりで自然と触れ合いながらの生活をしてみてはいかがですか?

PAGE TOP