犬用ブラシのおすすめは?ブラッシングする理由や選び方を紹介

こんにちは、新築やリフォームをする際にはジョイ・コス住宅システムのチャコの家がおススメの愛犬築家こと後藤住建の後藤満です。
もちろんチャコの家はわんちゃんを飼われてるお家にもおススメです。
珍しく?雪が降っていますが、すぐ溶けるんでしょうかね~

家庭でできる大切なわんちゃんのお手入れのひとつである「ブラッシング」。
ここではわんちゃんにブラッシングをしてあげる理由やメリット、ブラッシングに使うブラシの選び方のポイント、そしておすすめのわんちゃん用のブラシをご紹介したいと思います。

ブラシを使ってわんちゃんにブラッシングをする理由とは

わんちゃんのブラッシングは毎日家でできるお手入れのひとつ。
ブラッシングには、次に挙げるようなメリットがあります。

・毛並みを整えて毛玉の発生などを防ぐ
・毛についた花粉やホコリ、汚れなどをキレイにする
・愛犬とコミュニケーションを取ることができる
・皮膚の血行促進が期待できる
・ノミやダニの予防や早期発見につながる可能性がある
・皮膚の異常やしこり、病気などの早期発見につながる可能性がある

犬種や個体によって差はありますが、ほとんどのわんちゃんは全身が被毛で覆われています。わんちゃんの被毛には表面に生える一層の毛だけを持つ「シングルコート」と、表面の毛の下にさらに柔らかな毛(アンダーコート)が生える二層構造の「ダブルコート」の2種類があります。

わんちゃんの被毛は体温を調節したり、外の刺激から身体を守るという大切な役目を果たしているので、短毛・長毛、シングルコート・ダブルコートを問わず、どんなわんちゃんにも適度にブラッシングをしてあげることをおすすめします。

わんちゃん用のブラシの選び方はサイズや素材が重要!その種類とは

ひとくちにブラッシングと言っても、わんちゃん用のブラシには素材や形状、サイズなどさまざまな種類があり、使い方も異なります。
ここでは代表的なわんちゃん用のブラシの種類とその特徴、使用方法をご紹介します。

・コーム
いわゆる“くし”のことで、粗目と細目があり、仕上げに毛並みを整える時などに使います。
肌に対して直角に使うのではなく、山側に斜めに倒して毛の流れに沿うように使うと皮膚を傷めにくくなります。
細目のものはノミなどを取り除くときに役立つこともあり、短毛種も長毛種も1本あると重宝します。

・ピンブラシ
毛をとかす部分がピン状になったブラシで、一般的には長毛種向きです。皮膚を傷つけにくいのがメリット。
軽くとかして毛並みを整えたりするために使います。

・スリッカーブラシ
アンダーコートなどの抜け毛を取り除いたり、絡まった毛をほぐしたりするのに使います。
素材には主にワイヤーなどが使われています。
皮膚を傷つけないよう力を入れずに軽く当て、斜めに引き上げるようにブラッシングします。
長毛や中毛の犬に向いています。

・獣毛ブラシ
主にブラッシング最後のツヤ出しの目的で、軽くなでるように用います。
柔らかい毛のわんちゃん、硬い毛のわんちゃんどちらにも使いやすいのが特徴です。
天然素材(豚などの毛)でできているため静電気が生じにくく、ほこりを取り除くのにも使えます。

・ラバーブラシ
ゴム製の柔らかなブラシで、軽くなでるように使います。
マッサージ効果も期待でき、滑りにくいラバーが抜け毛やほこりをキャッチしてくれます。
短毛種や老犬、子犬に向いています。

犬種や毛の長さ、毛質などによって向いているブラシは異なるので、愛犬に合ったわんちゃん用のブラシを選びましょう。

わんちゃん用のおすすめブラシ

わんちゃん用のブラシのおすすめ商品をピックアップしてご紹介します。
短毛種・長毛種両方に使えるもの、アンダーコートが取りやすいもの、絡め取った毛を処理しやすいもの、握りやすいものなど、それぞれの特徴をチェックしながら選ぶ参考にしてみてください。

①ファーミネーター

ステンレススチール製の刃で、抜け毛などの不要な毛だけを取り除いてくれるわんちゃん用のファーミネーターは、短毛種用と長毛種用の2タイプがあります。
サイズはXS~XLまで揃っており、犬種や体格、毛の長さによって選ぶことができます。

優しくなでるようにとかすだけでごっそり抜け毛を回収できるので、わんちゃんがブラッシングが嫌がりにくいというメリットも。
取れた毛をワンプッシュで楽に取り除けるのもポイントです。

②ファーミネーター グルーミングツール ダブルブラシ

こちらは獣毛ブラシとピンブラシを裏表で使い分けられるブラシです。
1本で被毛についた汚れや抜け毛、絡まりなどの除去から艶出しまでの2ステップを簡単に行えます。

豚の獣毛を使用したブラシは長毛種にはつや出しなどに、短毛種には被毛についた汚れを取り除くのに最適です。
また、ステンレス製のピンブラシは静電気が起きにくい仕様で、細菌やバクテリアの繁殖を抗菌プラスチックが最小限に抑えてくれます。

③ケイプロ ロングティースリッカー

ピン1本から細部まで、技術と品質にこだわった日本製のわんちゃん用のスリッカーブラシです。
皮膚へのあたりが優しくなりやすい、弾力性のある極細ピンを採用しています。

ブラッシング後のキメ細やかな毛並みと、毛切れの少なさがポイントです。
ピンはステンレス製なのでサビにくさもあります。
また、持ち手が長いのでブラッシングもしやすい設計になっています。
60、90、115の3つのサイズを準備してあります。

④フーリーイージー 犬用ブラシ

プラスチック製で2枚構造の刃が、抜け毛と汚れだけを絡め取りやすいのが特徴のブラシです。
ブラシはやわらかい毛用とかたい毛用の2種類付きなので、ペットの毛質に合わせてワンタッチで付け替えが可能です。

背面のレバーでくし目の長さも短い毛用と長い毛用の2段階に調節可能なので、愛犬のカットスタイルを変えても対応しやすくなっています。

パーツはすべて取り外せて、丸洗いが可能。
カラーはピンク、イエロー、ブルーの3色で、S・M・Lの3つのサイズを準備してあります

⑤ドギーマン イージープロ EP掃除簡単クッションスリッカーブラシ

中にクッション材が入っており、皮膚へのあたりがソフトになるよう配慮されたわんちゃん向けのブラシ。
グリップは持ちやすいラバー素材で、スムーズにブラッシングしやすくなっています。

ブラッシングだけでなく、アンダーコートをお手入れした後の表面仕上げにも使えます。
絡め取った毛は背面にあるボタンをワンプッシュすれば外して捨てることができます。
サイズはS・Mの2種類から選べます。

愛犬の犬種や特徴に合ったブラシを選んでブラッシングをしよう

ブラッシングブラシを購入する時は、愛犬の犬種や特徴にあったものを選びましょう。

ブラッシングには、皮膚や被毛を健やかに保ちやすくなる、病気の早期発見につながることがある、マッサージ効果が期待できるなど、たくさんのメリットがあります。

ブラシには、握りやすいグリップのものや毛の処理がしやすいもの、分解して洗えるものなど、それぞれ違った特徴があるので、愛犬にぴったりの商品を探してみてください。

以上、愛犬築家でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

投稿スタッフ紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。