後藤さんの人柄があるから、頼み続けているんです。

 

山形市K 様
・K 様・インタビュアー(後藤和雄=後藤・後藤満=満)

「何かあったときにはスグに連絡をくれる」
その人柄を信用できるから、ずっとお付き合いが続いているのだと思います。
お付き合いが40年以上、古くからのお客様であり、友人であるK様に話を伺いました。

 

もう、何十年の付き合いになるか・・・40年か?

 

後藤
もう、30年、40年だっけね。
出会いからしたらもっとだけれど。

K 様
そう、私たちは元はと言えば、小学校の同級生。会長が山形の建設会社に就職した時くらいに、偶然再会したんだよね。なんか見たことある人がいるなぁと思ったと思って、声をかけたんだ。

会長
そう、本当に偶然。私たちの地元は白鷹町。だから、山形で会うなんて思ってなかったから、私もビックリしましたよ。話をしているとKさんは印刷会社の経営、私は建設会社に就職と、お互い山形に出てきていることがわかってね。でも、同じ境遇だったこともあり、そういう縁があって私は嬉しかった。

 

独立するっていうから、ビックリしたよ

 

K様
そうそう、まだ後藤さんが独立する前だった。
あの時は、お酒を飲みながらだったか・・・後藤さんから「独立する」って話をされてビックリしたよ。

後藤
ビックリした? でも色々と相談乗ってくれたじゃないですか?

K様
まぁ、そりゃね。後藤さんが本気なのはわかったし、昔から後藤さんを知っている身からすれば、後藤さんなら大丈夫だろうと思ったしさ。私も、こう見えても経営者だからね(笑)わかるんですよ。

後藤
本当に色々相談に乗ってくれて。助かりましたよ。独立の時は、チラシだったり名刺だったりもお手伝いいただいて助かりました。

 

工期も、予算も、本当に柔軟にやってくれた。

 


いい関係ですね。K様からの相談もあったのですか?

 

K様
もちろん。家づくりもそうですし、予算や工期など、後藤さんに相談して柔軟にやってもらった。

 

後藤
まぁ、ウチは基本的にこうじゃなきゃいけないっていうルールはないですからね。例えば予算であれば、もちろん、単純に値引くってことでもないんだけれども、お客様のご予算に合わせて、素材や施工を工夫したりしてご提案させていただいてますので

 

K様
でも、労力はだいぶ予算オーバーだったんじゃないの?

 

後藤・満
ははは! そこはお客様のためになるならって思ってますし、やっぱり長いお付き合い、信頼関係があってのことなので、困っている時はお互い様ってことで、させていただいています。

よっ、な!

 


は・・はい(笑)
住まいのこと、特にリフォームは必ずしも「型通り」にはいかないですからね。

 

K様
あとは、スグに対応してくれるのは助かります。
弊社の会長が亡くなった時に緊急で必要なことがあって、連絡をしたんだけれど、きっと忙しかったにも関わらず、無理な依頼をスグに対応してくれて。
「大丈夫?」って言ってくれるだけでホッとしたというか、助かりました。

 

後藤さんは、私にとっての住まい守りのパートナー

 


逆に、これが弱点だ! というようなこともありますか?

 

K様
弱点ね・・特にないとは思うけど。
どうだろう。後藤さんは、素直で正直な人だから。取り繕ってうまくやれない所かな。その点は、経営者としては・・・(笑)

 

後藤
(笑)

 

K様
でも、それは誠意というか。
誇大広告をすることもないし、そういう「人」と「人」とでお付き合いをしたい!っていうお客様には合うんじゃないですか?

 

後藤
そう言っていただけると助かります。

 

K様
そうだよね。私も仕事をしていて思うんだけど、そうやって阿吽の呼吸というか、お互いに気が合うっていうことは大事だと思いますよ。

 

後藤
そうですよね。私だってK様とずっと一緒に付き合っていたいという想いがあるから思い切った提案もできるし。私も、K様がいるから助かっている部分も大きいですよ。良い事も悪いことも何でも言いあえる、そんな間柄。お客様の関係も、これが理想ですよね。

 

 

K様
でも、後藤さんだって私だけじゃなくてずっと頼んでくれるお客様もいっぱいいるんでしょ。

 

後藤
おかげさまで。

 

K様
商売、それが一番ですよ。後藤住建さんと付き合って、途中でバイバイって人は少ないんじゃないのかな。途中で浮気してどっかに行く人は、あまりいないんじゃない?

 

後藤
はい、私も長いお付き合いをモットーに、そのために「スグ対応」というのを心がけています。

 

K様
今は、こういう時代だからこそ後藤住建さんみたいな会社を皆、欲している部分もあると思うよ。家に住み続けていれば、大なり小なり気になることはあるからね、そんな小さなことから対応してくれる「住まいの相談窓口」となる会社は貴重ですよ。

 

後藤・満
その言葉を信じて、これからもやらせていただきます!
今日は、ありがとうございました!