愛犬と楽しく暮らすための住まいづくり「3つのポイント」

「この子たちのために、できることは何だろうか?」

 

愛犬をこよなく愛する愛建築家 後藤満は考えました。

 

・愛犬のための住まい環境とは何だろうか?

・人と愛犬がお互いに快適に暮らすために必要なことは?

・新築を建てるだけでなく、今の家を活かしたまま、リフォームでできることはないだろうか?

 

「犬が快適に感じる家とはなんだろう?」

実際に愛犬と暮らす愛犬家として、まずは、犬が快適に過ごせることを考え、
そこに人の暮らしを合わせてつくりあげた家づくりが、愛犬と快適に暮らす家 ご褒美(GOHOUBI)シリーズです。

ここではまず、愛犬が快適に感じる家のポイントについてお伝えしたいと思います。

 

1)「自由」 走り回れること

 

愛犬にとって、一番の喜びは自由に走り回れることではないでしょうか?
制約なく、自分の行きたいところに行ける。そんな空間が愛犬にとって何よりうれしいこと。

 

本来であれば、一日中でも外で走り回っていたい。
でも、ずっと外で放し飼いにするわけにもいかないですよね。
そこで後藤住建では、2つの愛犬の自由をつくるプランを提案しています。

 

①走り回れる屋内間取りをつくる グルグル間取り

人の生活動線をそれほど邪魔をせず、愛犬が走り回れる「回遊動線のある」リビング空間をつくるのが、グルグル間取り。

この間取りは、愛犬だけでなく、奥様の家事のしやすい動線でもあります。

 

さらに、炊事していても愛犬が目に入るよう、キッチンの位置も工夫。さらに、愛犬が疲れて休む専用の居場所もつくることで、家族と愛犬がちょうど良い距離が保てます。

 

②今ある家(庭)に増設することも可能、ドッグラン

人も愛犬も安心して走り回れるのがドッグラン。

 

 

我が家のチョコ・レオンもこのドッグランを作ってから、より元気いっぱいになりました。ドッグランは、限られた敷地の中でも、工夫次第でつくる事ができます。今のお家の庭やちょっとしたスペースを有効活用してつくることが可能です。

その他、敷地の大きさによってはこんなこともできます。

・どろんこになって外から帰っても大丈夫「足洗い場」
・リードなどをしまえる玄関ドア

 

2)「安全」 誤飲・誤食・ケガをさせないための配慮

 

「自由にさせておくとなにするかわからない」

そう想い、私は以前、チョコ・レオンをサークルにずっと入れていました。

 

でも、外に出たくて騒ぐんですよね。騒ぐと今度近所の迷惑を気にして怒る。本当は、楽しいはずの一緒の時間が、ハラハラ・イライラの時間になってしまう。

 

自由にさせていない理由の一つとして、
チョコ・レオンが怪我をしないか? 間違って食べてはいけないものを食べてしまわないか? そんな不安がありました。当時の我が家の床はフローリングでツルツル滑ってしまってケガをする心配があって、リビングに出してあげることすらできませんでした。

 

考えた末、行き着いた考えは・・・

・床で滑らないこと
・人の荷物が邪魔にならないこと
・カビを起こさないこと

 

犬は、自分で安全な空間は作れません。人の住まいに愛犬を住まわせる以上、人が安全な空間をつくってあげるべき。そんな風に思いませんか?

 

●愛犬が走り回っても、滑らなくて安心 〜コルクパネル〜

愛犬がフローリングの床でツルツル滑ってしまう。
ほおっておくと、やがて腰を痛めヘルニアになってしまうことも。

そこで、床を弾力性のあるコルクパネルにすることで、ツルツルを防止。
さらに、後藤住建のコルクパネルは「炭化コルクパネル」と言い、炭の効果(調湿性)にも優れた自然素材のコルクパネルなので、愛犬だけでなく、人も快適に感じられる空間を作ることができます。

資料請求していただいた方には、炭化コルクのサンプルをプレゼント☆

サンプルは、トイレや玄関に置くだけでも「調湿・消臭効果」をご実感いただけます。
お気軽にご請求ください。

 

 

 

▼資料・お問い合わせはこちら

 

●人の荷物を床に置かない。作り付けの棚で愛犬が歩き回れる 〜モノ上げ〜る〜

走り回っているチョコ・レオン。
「ドカッ」音がしたと思ってみたら、私の仕事道具にぶつかっていました。幸い無事でしたが、ケガをしたら大変。

 

また、チョコ・レオンは無事でしたが、仕事道具はバラバラに。愛犬と人が共に快適に暮らすためには、そんな人への負担も減らしたい。そう思い、大工の腕を活かした造作棚を設置することにしました。

これにより、愛犬のケガの防止。
さらには、そうじもしやすくなって(お掃除ロボットも活躍できる!?)もできて一石二鳥! オススメの後藤住建オリジナル商品「モノ上げ〜る」です。

 

●ワンちゃんに、結露は大敵! カビ防止のための 〜ジョイ・コス工法〜

結露は、カビを発生させる要因になります。
カビが発生して、結露が乾くとそのカビは家中に放出され、そのカビを吸った愛犬が病気になってしまう、なんてことも。また、犬の皮膚は人よりずっと弱く、カビによる皮膚炎の例もあります。

 

そこで、後藤住建では、カビを発生させない気密工法 〜ジョイ・コス〜工法を採用しています。

ジョイ・コス工法の特長は、気密性が高いこと。

例えば、どんなに保温性の高い魔法瓶でもフタがしまっていなかったらすぐお湯はさめてしまいますよね。住宅も同じで、せっかく暖房(冷房)してもスキ間があったら冬は内から外へと暖気は出て行きますし冷気が入ってきてしまいますよね。

その気密を徹底的に計算し、部屋の中を管理することで、結露の発生を防ぐことはもちろん、夏涼しく、冬暖かい、愛犬も人も快適に過ごせる室内空間をつくる、後藤住建こだわりの工法です。

 

☆もっと詳しく知りたい方は・・・

直接お問い合わせいただくか、週末に開催している「家づくり相談会」にお越しください。

私、後藤 満が資料を使ってわかりやすく説明いたします。

※ジョイ・コス工法で家を建てることを前向きにご検討いただく方には、工場見学もご案内しています。

 

 

3)人も愛犬も快適に感じる空間 自然素材に囲まれた暮らし

 

人も犬も生き物です。
生き物が「気持ちいい」と感じるものはやはり、自然。

 

家の中に自然を感じられる場所があると、毎日がイキイキ共に気持ちよく暮らすことができます。

 

「チョコ! レオン! こっちにおいで!」

私の幸せな時間は、快適な空間の中で愛犬と遊ぶこと。最近のチョコ・レオンのお気に入りは「引っ張りごっこ」。人も快適な空間だからこそ、私もノビノビ遊ぶことができています。

 

●「気持ちいい」をつくる自然素材と空間づくり 〜後藤 満のおすすめ〜

・床:無垢フローリング(愛犬の腰の負担が少ない)
・キッチンの床:炭化コルク(朝の寒い日でも足元あったか)
・壁:チャフウォール(貝殻でできた壁で“調湿効果”“脱臭効果”あり)
・吹き抜け:空気の流れをつくる 温度差が出る
・愛犬専用の空間:犬も一人になりたい時がある そのためのちょっと狭い居場所を作ってあげます
・人と一緒に居られるメインの空間:“臭い・換気・汚れ防止・そうじしやすさ”を考えた設計
・自然素材に囲まれてリラックスできる、無垢天井
・玄関:家族以外の人が入ってきても、気持ちよく過ごせる自然の香り

 

私と愛犬チョコ・レオンとの生活の中で生まれた知恵。

ここまでお話させていただきました住まいづくりの工夫は、大工・建築家である私と、愛犬チョコ・レオンの生活の中で生まれた工夫です。

 

お客様とのお打ち合わせでは、愛犬と共に暮らすからこそわかるお話を、実際の事例なども合わせてお話させていただきます。まずは、一緒に愛犬談義で盛り上がりませんか?

愛犬のための家づくりを真剣に考えたい! という方のために

 

家づくりのポイントをまとめた後藤住建の新築・リフォーム商品
〜ご褒美(GOHOUBI)シリーズ〜

 

▼詳しくはこちらをご覧ください▼

 

土地、家族構成、そして予算。
「結局、私の場合はどうすればいいの?」という方には・・・
GOHOUBIミーティング

 

▼詳しくはこちらをご覧ください▼

私の建築のプロとして、愛犬家としての経験を元にお答えします。
(愛犬家として、しつこい売り込みはいたしませんのでご安心ください)

 

愛犬家仲間を増やしたい! という方はこちら・・・
愛犬家交流会
&愛犬のための家づくりセミナー

 

▼詳しくはこちらをご覧ください▼

ネットで調べることはできる。病院で聞くこともできる。でも、実際に愛犬家同士だから聴けることもありますよね。愛犬家交流会は、そんな「つながり」を大切にした交流会です。私、後藤が主催していますので初めての方もお気軽にご参加ください。